2018年1月21日(日)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里「いい1年にしたい」 再起目指し、稽古始め

2018/1/2 16:50
保存
共有
印刷
その他

 4場所連続休場から再起を目指す大相撲の横綱稀勢の里が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古始めを行い「けがもなく、いい1年にしたいと思う」と、明るい表情で抱負を語った。

稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里(2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里(2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

 2018年は激しい稽古で、精力的にスタートした。大関高安と31番続けて取り25勝。思い切りぶつかって右上手を先に引いての寄りを繰り出したり、まわしにこだわらず突き、押しで攻め立てたり。稽古場には重い音が響き、横綱の肌もみるみるうちに赤くなっていった。仕上げのぶつかり稽古では弟弟子に転がされて砂まみれになり、息絶え絶えとなった。目いっぱい動いて復活に向けて汗を流し「いい稽古ができた」と納得の口ぶりだった。

 初場所(14日初日・両国国技館)では昨年、初優勝を飾り、横綱昇進も決めた。思い出の場所で、強さを再び見せられるか。5日の横綱審議委員会の稽古総見などでさらにペースを上げる意向。「状態もだいぶ良くなってきた。楽しみ」と力強いまなざしだった。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

稀勢の里

相撲 一覧

鶴竜(左)が寄り切りで栃ノ心を下す(20日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所7日目(20日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕栃ノ心との全勝対決を寄り切りで制し、7連勝とした。平幕朝乃山が敗れ、全勝は嘉風を引き落とした関脇御嶽海と2人になった。
 大関陣は豪栄道が小結貴景 …続き (20日 19:21)

(西) (東)
大奄0―0阿炎
豊山0―1豪風
石浦1―1蒼国
輝 1―0朝山
竜電0―0琴勇
大丸4―2錦木
千丸3―0大栄
松鳳8―1宝富
勢 7―11魁聖
千国3―3隠岐
遠藤1―6栃煌
荒鷲2―1千翔
栃心14―9嘉風 …続き (20日 18:15)

(勝)       (負)
竜 電 押し出し  豊 山
阿 炎 すくい投げ 錦 木
大栄翔 押し出し  朝乃山
大奄美 突き出し  豪 風
石 浦 突き落とし  輝 
千代丸 押し出し  蒼国来
魁 聖 送り出し  …続き (20日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]