2018年10月23日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里「いい1年にしたい」 再起目指し、稽古始め

2018/1/2 16:50
保存
共有
印刷
その他

4場所連続休場から再起を目指す大相撲の横綱稀勢の里が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古始めを行い「けがもなく、いい1年にしたいと思う」と、明るい表情で抱負を語った。

稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里(2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

稽古始めで高安(手前)と組み合う稀勢の里(2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

2018年は激しい稽古で、精力的にスタートした。大関高安と31番続けて取り25勝。思い切りぶつかって右上手を先に引いての寄りを繰り出したり、まわしにこだわらず突き、押しで攻め立てたり。稽古場には重い音が響き、横綱の肌もみるみるうちに赤くなっていった。仕上げのぶつかり稽古では弟弟子に転がされて砂まみれになり、息絶え絶えとなった。目いっぱい動いて復活に向けて汗を流し「いい稽古ができた」と納得の口ぶりだった。

初場所(14日初日・両国国技館)では昨年、初優勝を飾り、横綱昇進も決めた。思い出の場所で、強さを再び見せられるか。5日の横綱審議委員会の稽古総見などでさらにペースを上げる意向。「状態もだいぶ良くなってきた。楽しみ」と力強いまなざしだった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 18日に右膝の骨片を摘出する内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が20日、東京都内の病院を退院した。松葉づえをついて歩く状態で、患部を気にしながら車に乗り込んだ。九州場所(11月11日初日・福岡国際セ …続き (20日 16:43)

 18日に右膝の骨片摘出の内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が、四股などの基本運動を再開するのは九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の新番付が発表される29日以降の見込みとなった。師匠の宮城 …続き (19日 16:56)

秋巡業に臨んだ関脇御嶽海(18日、大阪府池田市)=共同

 大相撲の秋巡業は18日、大阪府池田市で行われ、秋場所で9勝にとどまり、場所後の大関昇進を逃した関脇御嶽海は、2日続けて横綱稀勢の里と稽古で相撲を取った。横綱から連日の指名に「本当にいい稽古。いい胸を …続き (18日 16:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]