スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

秋場所、宇良も休場 先場所痛めた膝が悪化

2017/9/12 10:13
保存
共有
印刷
その他

大相撲秋場所3日目の12日、右太ももを痛めた東大関高安(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=と、右膝負傷の西前頭4枚目、宇良(25)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋=が休場した。

白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱に加え、初優勝が期待された高安と小兵の業師で人気のある宇良も休み、興行的に大きなダメージとなりそうだ。

大関2場所目の高安は「右大腿筋群損傷で3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を日本相撲協会に提出した。2日目の小結玉鷲戦で初黒星を喫した際に負傷。

高安の休場は2015年秋場所以来2度目。再出場はしない意向で、11月の九州場所は初のかど番となる。3日目の対戦相手、北勝富士は不戦勝。検査の結果、右大腿内転筋の部分断裂が判明したといい、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「来場所に間に合わせるように努力して、今まで以上に稽古をしてほしい」と述べた。

宇良は15年春場所の初土俵以来初の休場。2日目の貴景勝戦で敗れた際、先場所に痛めた膝を悪化させた。3日目の対戦相手、逸ノ城は不戦勝。

3横綱1大関の休場は1999年春場所以来18年ぶり。当時は横綱が貴乃花、3代目若乃花、曙、大関が千代大海だった。今場所は3横綱が初日から不在という昭和以降初の不名誉な記録を残していた。幕内7人の同時休場は野球賭博問題で6人が謹慎した10年名古屋場所を除けば、05年名古屋場所以来の多さとなった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

ぶつかり稽古で胸を出す琴奨菊=右(20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋)=共同

 大相撲の元大関で11月場所(11月8日初日・両国国技館)は十両転落が確実となっている琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で代表取材に応じ「勝て …続き (20日 19:48)

合同稽古に参加した白鵬=左(20日、両国国技館内の相撲教習所)=共同

 大相撲で2場所連続休場中の横綱白鵬が20日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加し、関脇御嶽海と23番取って22勝1敗と圧倒した。8月に手術を …続き (20日 18:59)

 日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)は定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施することを決めた。新型コロナウイ …続き (19日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]