/

大リーグ公式サイト、田中将大に日本から強い関心と伝える

【ニューヨーク=共同】米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった田中将大投手に日本の球団が強い関心を示していると、メジャー公式サイトが18日に伝えた。大リーグ球団の提示額を超える契約を手にする可能性もあるという。日本では古巣のプロ野球楽天が獲得に前向きな姿勢を見せている。

ヤンキースは昨季の首位打者ラメーヒューと6年総額9千万ドル(約94億円)、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)2度の先発右腕クルバーとも単年1100万ドルで合意したと、複数の米メディアが報じた。

大リーグには年俸総額が規定額を超えた球団にぜいたく税がかけられる課徴金制度があり、ヤンキースは今季、課徴金を回避するため、年俸総額を2億1千万ドル以下に抑える方針。そのため残された予算は少なく、「1200万~1500万ドルを求めているようだ」(ニューヨーク・デーリー・ニューズ紙)という田中との再契約は厳しい状況となっている。

メジャー公式サイトは、田中を調査しているとされたパドレスがパイレーツからトレードで先発右腕マスグローブを獲得したと伝え、先発陣の陣容は整ったとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン