/

大谷が21日に投手復帰、リアル二刀流見送り

【アナハイム=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は投手復帰を果たす20日午後6時38分(日本時間21日午前10時38分)開始予定の本拠地アナハイムでのレンジャーズ戦で投打同時出場を見送り、投手に専念することになった。マドン監督が19日、明言した。

監督は「序盤で万が一(まめが)ひどくなったら控え野手が少ないから、やりくりが大変になる」と理由を説明。3季ぶりの勝ち星が懸かる登板は75球がめどで、翌日の21日(同22日)の打者出場は様子を見て決める。

大谷はオープン戦最終登板でつぶした右手中指のまめの影響で、メジャーの公式戦で自身初めて投打同時出場した4日を最後に登板を控えていた。2018年10月に右肘手術を受け、同年5月を最後に勝利投手から遠ざかっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン