/

ウィザーズ八村「チームの助けになる」 キャンプへ抱負語る

【ワシントン=共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村塁が9月30日、ワシントンのチーム練習施設で記者会見し「キャンプでできるだけのことを見せて、とにかくチームの助けになることが目標」と10月1日(日本時間2日)から始まるキャンプへの抱負を語った。

この日はスコット・ブルックス監督や主力選手が一堂に会し、取材対応などを行う「メディアデー」が開催された。八村は白を基調としたチームのユニホームを着用し、ボールを手にポーズをとって、米メディアの撮影に応じた。「他のチームメートもいて、NBAに来たんだなと感じる」と実感を込めた。

グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太、マーベリックスとエキシビット10契約を結んでキャンプへの参加資格を得た馬場雄大もそれぞれチームの「メディアデー」に参加。渡辺は「2年目が始まるのですごく楽しみ。去年、経験したことを生かせればいい」と笑顔で話し、馬場は「ここからがやっと始まりだなという気持ち」と高ぶりを隠さなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン