サッカー

FIFA理事への買収告発 18・22年W杯招致で

2020/4/7 10:54
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米ニューヨークの連邦地方裁判所は6日、サッカーの2018、22年ワールドカップ(W杯)招致に絡み、投票の際に複数の国際サッカー連盟(FIFA)理事への買収があったとの告発を明らかにした。AP通信が報じた。

起訴状によると元南米サッカー連盟会長の故ニコラス・レオス氏や元FIFA副会長のジャック・ワーナー氏、元ブラジル連盟会長のリカルド・テイシェイラ氏ら複数が賄賂を受け取っていた。

また、18年W杯ロシア大会からの2大会分の米国内放送権に関して、入札情報を得るために南米連盟の関係者に賄賂を送ったとして、21世紀フォックス社のスポーツマーケティング部門の元重役2人を告発した。

FIFAは10年12月の理事会で18、22年両W杯開催地を決定。カタールは日本や米国を含む5カ国の争いを制し、22年大会開催権を勝ち取った。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは30日、第4回の新型コロナウイルス検査(28、29日)を1130人の選手、スタッフが受け、陽性反応がなかったと発表した。過去3度の検査では12人が陽性だった。 …続き (31日 20:39)

 サッカーのセルビア1部リーグで30日、パルチザンの浅野拓磨はホームのムラドスト戦で前半12分に先制点をお膳立てし、同19分には今季リーグ戦で4ゴール目を決めて前半終了で交代した。新型コロナウイルスに …続き (31日 8:23)

ウォルフスブルク戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田=左(30日、ウォルフスブルク)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで30日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がアウェーのウォルフスブルク戦に先発して試合終了間際までプレーし、1―1の後半40分に決勝点を挙げ、2― …続き (31日 0:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]