/

ヤクルト奥川、フリー打撃に初登板 最速147キロ

ヤクルト2年目の奥川が23日、沖縄県浦添市でのキャンプで初めてフリー打撃の投手を務めた。左打者の宮本と右の松本直に合計20球。最速147キロを2度マークするなど安打性の当たりは宮本の1本だけで「対打者は久しぶりで楽しかった。しっかり投げられて良かった」と白い歯を見せた。

キャンプで初めてフリー打撃の投手を務めたヤクルト・奥川(23日、浦添)=共同

セットポジションからゆったりと足を上げて投げ込んだ。得意のスライダーは従来のものに加え、練習中の高速スライダーも投げ「決まればいい球になる。自分のものにしたい」とうなずいた。

19歳のエース候補。練習試合のために訪れていた巨人の原監督が打撃ケージの後ろから見つめる中での投球に「ちょっと気になった」と苦笑。それでも「細かい課題はたくさんある。しっかりつぶして実戦に入りたい」と意欲的だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン