スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

サイン盗みでGM・監督解任 アストロズ、職務停止処分で

2020/1/14 10:17
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ機構(MLB)は13日、アストロズのサイン盗み問題の調査結果を公表し、ワールドシリーズを初制覇した2017年から18年途中まで行われていたと断定してジェフ・ルノー・ゼネラルマネジャー(GM)とA・J・ヒンチ監督に今季終了までの職務停止処分を科すと発表した。これを受け、球団は両者を解任した。

MLBは球団に規定で定められた最大限の500万ドル(約5億5千万円)の罰金、今年と来年のドラフト1、2巡目の指名権剥奪の処分を下した。選手の処分は見送り、ロブ・マンフレッド・コミッショナーは「選手がルールを理解し、順守するようにするのはGMと監督の責務」とした。

調査ではアストロズ選手ら68人の証人との面談やメールのやりとりを検証し、17年までベンチコーチだったアレックス・コーラ氏(現レッドソックス監督)と選手主導だったと結論付けた。中堅のビデオカメラで相手捕手のサインをのぞき見て、球種に応じてベンチ脇のごみ箱をたたく回数を変えるなどして打者に伝達。野手の大半が関わっていた。

同コミッショナーは、コーラ氏の処分はレッドソックスにも浮上しているサイン盗み疑惑の調査結果が出てから決めるとした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大リーグのコラム

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

投球練習するヤンキース・田中(23日、楽天生命パーク宮城)=共同

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は23日、米球界を揺るがしている不正なサイン盗み問題について「球種を伝達されて分かっていたら打てる。フェアじゃない」と、投手の立場から不満を口にした。
 大リーグ機 …続き (16:45)

記念撮影する、米国野球殿堂入りが決まったラリー・ウォーカー氏(左)とデレク・ジーター氏(22日、ニューヨーク)=USA TODAY

 【アスペン(米コロラド州)=共同】米国野球殿堂入りが決まった大リーグ、ヤンキースの元主将のデレク・ジーター氏と、ロッキーズなどで活躍したラリー・ウォーカー氏が22日、ニューヨークで記者会見し、ジータ …続き (11:50)

 【アスペン(米コロラド州)=共同】米大リーグの今季のオープン戦でコンピューターによるストライク、ボール判定が試験的に運用されると、AP通信が22日に報じた。システムのテストが目的で、実際の判定には反 …続き (11:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]