/

本田「これが最後のW杯」 サッカー日本代表引退を示唆

後半、FKで直接ゴールを狙う本田。惜しくも外れた=沢井慎也撮影

【ロストフナドヌー=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベルギーに敗れた日本代表の本田圭佑(32)=パチューカ=が、2日の試合後に「これが僕自身にとって最後のW杯になる。4年後は考えられない」と語り、代表からの引退を示唆した。

本田は2008年6月に代表デビュー。10年のW杯では2ゴールを挙げる活躍で16強進出の立役者となり、今大会でも1次リーグ第2戦のセネガル戦で同点ゴールを挙げるなど、W杯は3大会連続得点を記録した。国際Aマッチは98試合出場37得点。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン