/

体操W杯、五輪予選の英国大会中止 新型コロナで

【ジュネーブ=共同】英国体操協会は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、体操の東京五輪予選を兼ねる28日の個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ第3戦、バーミンガム大会を中止すると発表した。日本は男子の萱和磨と女子の畠田瞳(ともにセントラルスポーツ)が出場予定だった。同協会は6月末までの英国内での全大会を取りやめるという。

日本協会はW杯シリーズの結果次第で五輪代表決定の可能性がある選考基準を定めているが、全4戦のうち第2戦ドイツ大会を含む2試合が中止となった。五輪テスト大会を兼ねて有明体操競技場で行われる第4戦の東京大会(4月4、5日)は無観客での開催に向けて準備を進める方針。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン