/

大谷、実戦形式で29球 打者との対戦は6月以来

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)が20日、アリゾナ州テンピの球団施設で右肘の故障後初めて実戦形式の登板に臨み、打者に対して計29球を投げた。打者との対戦は6月6日のロイヤルズとの公式戦以来、約2カ月半ぶり。

練習は非公開で行われ、球団によるとマイナー2選手が左右で計6打席に立ったという。投手コーチやスタッフも見守り、球団関係者は「全て順調」としている。チームは21日から敵地フェニックスでダイヤモンドバックスとの2連戦を控え、20日はオフだった。

右肘の内側側副靱帯損傷から今季中の投手復帰を目指す大谷は11日に捕手を立たせてブルペンでの投球を再開した。13日に初めて捕手を座らせると、15日は本拠地アナハイムでブルペンでの投球後に打者を立たせて計33球。相手はバットを振らなかったが、実戦での味方の攻撃時間を想定して休憩を挟む「アップ・アンド・ダウン」と呼ばれるメジャー流の調整で、フォークボールも含めて全球種を投じていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン