/

大リーグWミーティングが開幕 球団幹部・代理人ら一堂に

【レークブエナビスタ(米フロリダ州)=共同】米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会するウインターミーティングが11日、フロリダ州レークブエナビスタで始まり、ドジャースからフリーエージェント(FA)になったダルビッシュ有投手の代理人のジョエル・ウルフ氏は球団の条件について「もう一度ワールドシリーズの舞台で戦えるチームを求めている。成功できる球団であれば、どの地域でもこだわらない」と語った。

ウルフ氏は「彼は(レンジャーズの本拠地のすぐ近くにある)ダラスを愛しているし、扉は開けている」と話し、今季途中まで所属した古巣レンジャーズへの復帰も選択肢に入っていることも明かした。

マーリンズからFAになったイチロー外野手やプロ野球オリックスから海外FA権を行使した平野佳寿投手の代理人を務めるジョン・ボッグス氏も取材に応じ「イチローについては既に(マーリンズを除く)29球団と連絡を取っている。平野に関してはこの会場で数球団と話し合う予定がある。今年の移籍市場の動きは遅いが、いい契約がまとまるはず」と見通しを口にした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン