/

エチオピア陸上でドーピング違反か トップ選手含む9人調査

【ローザンヌ(スイス)=共同】エチオピアの陸上の9選手がドーピング違反の疑いで調査されていることが2月29日、分かった。国内反ドーピング機関のメアザ事務局長が明らかにしたとAP通信が報じた。

氏名の公表は控えたが、うち5人はトップ選手で、同事務局長は「5人から禁止物質が見つかったのは明白だ。強く懸念している」と語った。国際陸連には世界反ドーピング機関(WADA)を通し、詳細な内容を報告するとしている。

陸上界の組織的なドーピング問題ではロシア陸連が資格停止処分を受け、長距離王国のケニアでも違反が相次いでいる。リオデジャネイロ五輪を前に新たなスキャンダルに発展する可能性が出てきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン