/

柔道リオ女王のシルバ、五輪出場できず 薬物違反認定で

【ジュネーブ=共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、国際柔道連盟(IJF)が2016年リオデジャネイロ五輪女子57キロ級金メダルのラファエラ・シルバ(ブラジル)にドーピング違反があったとして科した2年間の資格停止処分を巡り、撤回や軽減を求めた同選手の訴えを棄却したと発表した。昨年8月の大会での違反が認定され、東京五輪に出場できなくなった。

ぜんそくなどの治療に用いられる禁止物質の陽性反応を示したが、シルバは意図的な摂取を否定していた。同階級で日本の五輪代表には芳田司(コマツ)が決まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン