/

八村塁、ベスト5選手入り 全米バスケ記者協会が選出

【アナハイム=共同】全米バスケットボール記者協会は18日、全米大学体育協会(NCAA)1部男子のオールアメリカチームを発表し、ゴンザガ大の八村塁がベスト5選手が選出されるファーストチーム入りした。同賞は1956~57年シーズンから始まり、900人以上の会員の投票によって決まる。

また、米プロNBAの名選手の名前を冠し、最優秀選手に贈られる「オスカー・ロバートソン賞」の最終候補4人も発表されたが、2月に12人の候補者入りしていた八村は選ばれなかった。

八村はゴンザガ大の中心選手として活躍し、同大が所属するウェストコースト・カンファレンス(WCC)の最優秀選手に選ばれている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン