その他スポーツ

競泳ロクテ、19年7月まで資格停止 ドーピング違反で

2018/7/24 12:01
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】競泳男子で2016年リオデジャネイロ五輪800メートルリレーを含め、五輪の金メダル6個を手にした33歳のライアン・ロクテ(米国)がドーピング違反のため、19年7月まで資格停止処分を受けた。米国反ドーピング機関(USADA)が23日、発表した。ロクテは5月24日に禁じられている静脈注射を打たれた写真をソーシャルメディアに投稿したため、調査を受けていた。

USADAによると、「TUE(治療目的の特例措置)」を事前申請していなかった。処分はさかのぼって適用されるため、14カ月となる。

ロクテはリオ五輪のときに選手村に戻る途中で強盗被害にあったと虚偽の通報をして、米国オリンピック委員会と米国水連から昨年6月まで10カ月の資格停止処分を受けた。4大会連続出場の五輪で計12個のメダルを獲得し、12年ロンドン五輪では400メートル個人メドレーでマイケル・フェルプス(米国)らを抑えて金メダルに輝いた。200メートル個人メドレーの世界記録保持者。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【バーゼル(スイス)=共同】来年の東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの世界選手権は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝などが行われ、車いすの女子ダブルスで世界ランキング1位の里見 …続き (8:36)

 東京五輪・パラリンピックの開幕まで一年を切った。メダルの期待がかかるのが、日本の「新お家芸」バドミントンだ。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は相手を翻弄するネット技や強固な守備など類いまれな …続き (6:00)

混合ダブルス準々決勝 マレーシアのペアに勝利した渡辺(左)、東野組(23日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスで第3シードの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第5シードのチャン・ペ …続き (1:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]