その他スポーツ

国際陸連、ロシアの処分解除見送り 8月の世界選手権絶望的

2017/2/7 8:10
保存
共有
印刷
その他

国際陸連の理事会後に記者会見するセバスチャン・コー会長(6日、フランス・カップダイユ)=共同

国際陸連の理事会後に記者会見するセバスチャン・コー会長(6日、フランス・カップダイユ)=共同

【カップダイユ(フランス)=共同】国際陸連は6日、フランスのカップダイユで理事会を開き、国ぐるみのドーピングで資格停止中のロシア陸連の処分解除を昨年12月に続いて見送った。世界反ドーピング機関(WADA)がロシア反ドーピング機関(RUSADA)の再認定を判断する11月まで資格回復は厳しいとの見通しも示され、チームとしての世界選手権(8月・ロンドン)出場は絶望的となった。

潔白の証明など国際陸連が提示している条件を満たせば、個人資格での出場は認められる。6日時点で35選手が「中立の選手」としての国際大会出場を申請したという。15歳以下の選手に限り、全面的に国際大会出場を認める決定も下した。

調査チームが理事会に提出した報告書は、ロシアの国内大会でドーピング検査官が来ることを知った複数の選手が突然棄権した例や、採取した検体の提出をロシア側が拒んでいる実態を挙げ「処分解除の準備は整っていない」と指摘。資格回復の条件にRUSADAの再認定などを示した。国際陸連のセバスチャン・コー会長は「クリーンな選手を大会に復帰させることが優先事項だが、その過程に自信がなければいけない」と強調した。

ロシア陸連は2015年11月に資格を停止され、昨夏のリオデジャネイロ五輪でもチームの参加を禁じられた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ローザンヌ(スイス)=共同】原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪最終日は22日、スイスのローザンヌなどで行われ、スノーボードのビッグエア男子決勝で、昨年の世界ジュニア選手権を制した17歳の …続き (0:00)

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は22日、東京・墨田区総合体育館などで9試合が行われ、東地区はA東京がSR渋谷に79―78で勝って23勝7敗とした。SR渋谷は20勝10敗。宇都宮は秋田に6 …続き (22日 22:36)

羽田空港で取材に応じる高木美帆(22日)=共同

 スピードスケートで今季の主要国際大会に出場する女子の高木美帆(日体大助手)や男子の新浜立也(高崎健康福祉大職)らナショナルチームが22日、羽田空港からカナダへ出発した。高木美は「ここぞというところで …続き (22日 21:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]