/

ラグビーW杯、試合間隔は中5日以上 23年仏大会

国際統括団体ワールドラグビー(WR)は22日、2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会で選手の安全を守るため中5日以上の試合間隔を確保し、1次リーグの期間を1週間延長すると発表した。9月8日に開幕し、決勝は10月28日に行われることになった。全48試合の日程と会場は26日に発表される。

19年日本大会の1次リーグ最終戦で中3日のスコットランドが中7日の日本に敗れるなど、過去のW杯は厳しい日程が組まれるケースがあった。選手の負担を軽減するため、各チームの登録メンバーは31人から33人に増やす。〔ロンドン=共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン