/

フェデラーが全仏欠場 「芝とハードコートを優先」

【ローマ=共同】男子テニスの今季の全豪オープン覇者で、四大大会18度の優勝を誇る世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が15日、全仏オープン(28日開幕)を欠場すると公式サイトで発表した。

フェデラーは「先月はコート上でもコート外でも努力を重ねたが、今後数年にわたりツアーで戦い続けるためには、クレーコートのシーズンを休み、芝とハードコートのシーズンに備えるのが最良と判断した」とコメントした。

35歳のフェデラーは1月の全豪オープンで優勝。3~4月には四大大会に次ぐ格付けのマスターズのBNPパリバ・オープン、マイアミ・オープンを続けて制し、その後は大会に出場していなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン