2019年6月21日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング五輪存続、国際協会会長「楽観視」 IOCと会合

2019/5/21 8:27
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】2020年東京五輪の実施競技からボクシングが除外の危機にある問題で、国際協会(AIBA)は20日、国際オリンピック委員会(IOC)の調査委員会に改革の状況を報告した。IOCは別団体に五輪の準備や運営を任せる可能性に言及しているが、AIBAのムスタサン会長代行は五輪存続と統括団体継続を「楽観視している」と述べた。

IOCは22日の理事会でAIBAの財政状況やガバナンス(組織統治)を検証してきた調査委の最終報告を受ける予定で、処遇の判断に注目が集まる。IOCは東京五輪に向けたボクシングの準備を凍結中で、大会組織委員会が受け付けを開始したチケットの抽選申し込みも33競技で唯一、対象外となっている。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

4階級制覇を果たした試合から一夜明け、笑顔でポーズをとる井岡一翔(20日、東京都内)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦を制し、日本男子初の4階級制覇を果たした井岡一翔(Reason大貴)が勝利から一夜明けた20日、東京都内で記者会見し「無事にベルトを取れて、ほっ …続き (20日 15:13)

2020年東京五輪のボクシングの予選方式について説明するIOCのマコネル競技部長(左)ら(19日、スイス・ローザンヌ)=共同

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、スイスのローザンヌで理事会第1日の審議を行い、2020年東京五輪での存続が決まったボクシングで日本に開催国枠として男子4、女子2 …続き (20日 7:59)

WBOスーパーフライ級王座決定戦の10回、アストン・パリクテ(左)を攻める井岡一翔。TKO勝ちし、日本男子初の4階級制覇を達成した(19日、千葉市の幕張メッセイベントホール)=AP

 ボクシングの世界戦各12回戦は19日、千葉市の幕張メッセイベントホールで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(Reason大貴)が、同級1位のアストン・ …続き (19日 22:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]