/

大谷、2年総額8.9億円で合意 エンゼルスと調停回避

(更新)
エンゼルスの大谷翔平=ゲッティ共同

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、エンゼルスは8日、大谷翔平(26)と年俸調停を回避し、2年総額850万ドル(約8億9千万円)で契約合意したと発表した。年俸は今季が300万ドル、来季は550万ドルとなる。プロ野球日本ハム時代の最高年俸は2017年の推定2億7千万円。

このオフに初めて年俸調停の権利を得た大谷は1月15日の希望額提出期限に250万ドルの球団提示に対し、330万ドルを求めた。17日にキャンプインを控え、80万ドルの開きは複数年契約で埋める形で、19日の見通しだった公聴会に臨むことなく折り合った。

メジャー1年目の18年は投打の「二刀流」で活躍し、新人王に。右肘手術から2季ぶりに投手復帰した昨季は2試合で0勝1敗、防御率37.80。打率1割9分、7本塁打、24打点と投打に不振だった。

年俸調停の権利は基本的に出場登録が3年以上6年未満の選手に与えられる。日本選手では1999年にメッツの野茂英雄が初めて年俸調停を申請。レッドソックスの田沢純一は複数回申請し、ともに公聴会前に合意した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン