その他スポーツ

男子110障害、高山が準決勝進出 世界陸上

2019/10/1 7:42
保存
共有
印刷
その他

男子110メートル障害で準決勝に進出した高山=山本博文撮影

男子110メートル障害で準決勝に進出した高山=山本博文撮影

【ドーハ=共同】陸上の世界選手権第4日は9月30日、ドーハで行われ、男子110メートル障害予選で日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)は13秒32の4組2着で、10月2日(日本時間3日未明)の準決勝に進んだ。金井大旺(ミズノ)は13秒74の2組7着で敗退。泉谷駿介(順大)は右太もも裏肉離れのため棄権した。

女子のやり投げ予選で北口榛花(日大)は60メートル84、佐藤友佳(ニコニコのり)は55メートル03で決勝に進めなかった。

女子やり投げで予選敗退した北口=山本博文撮影

女子やり投げで予選敗退した北口=山本博文撮影

女子の走り高跳び決勝は個人資格で参加のマリア・ラシツケネ(ロシア)が2メートル04で3連覇を果たし、3000メートル障害決勝はベアトリス・チェプコエチ(ケニア)が8分57秒84の大会新記録、800メートル決勝はハリマ・ナカーイ(ウガンダ)が1分58秒04でそれぞれ初優勝した。

男子の400メートル障害決勝はカルステン・ワーオルム(ノルウェー)が47秒42、5000メートル決勝はムクタル・エドリス(エチオピア)が12分58秒85で、ともに2連覇。円盤投げはダニエル・スタール(スウェーデン)が67メートル59で初優勝した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

W杯ジャンプ男子個人第3戦で優勝した佐藤幸椰=中央(7日、ニジニタギル)=共同

 【ニジニタギル(ロシア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は7日、ロシアのニジニタギルで個人第3戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、24歳の佐藤幸椰(雪印メグミ …続き (1:46)

 フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は7日、フィンランドのルカでモーグル開幕戦が行われ、男子は2018年平昌冬季五輪代表の堀島行真(中京大)、女子はW杯初出場の15歳、川村あんり(ジョックス …続き (1:34)

 卓球のTリーグは7日、岡山武道館などで行われ、男子は東京が岡山を3―1で下して連勝を4に伸ばし8勝3敗で首位に立った。女子は日本生命が3―1で日本ペイントに勝って6勝3敗で首位を維持。神奈川は3―2 …続き (1:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]