/

サッカーU24、アルゼンチンに3発快勝 板倉が2得点

サッカー男子の東京五輪世代、U-24(24歳以下)による国際親善試合が29日、福岡県のミクニワールドスタジアム北九州で行われ、日本はアルゼンチンに3-0で快勝した。東京五輪で金メダル候補にも挙げられる強豪との2連戦を1勝1敗で終えた。

日本―アルゼンチン 後半、ヘディングでチーム2点目のゴールを決める板倉=上(29日、ミクニワールドスタジアム北九州)=共同

日本は前半終了間際に林(鳥栖)のゴールで先制。豊富な運動量で相手に重圧をかけて反撃を許さず、後半は2度、久保建(ヘタフェ)のCKから板倉(フローニンゲン)が頭で加点した。

今回の2試合は五輪世代の日本代表にとって昨年1月のU-23アジア選手権以来となる実戦機会。今後は6月の国際親善試合など4戦が予定され、7月開幕の本大会に向けて強化を進める。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン