/

世界陸上・水泳・バドが日程変更へ 五輪21年夏開催

【ジュネーブ=共同】東京五輪の新日程が来年7月23日から8月8日に決定した30日、来夏に予定されていた陸上と水泳、バドミントンの各世界選手権は日程を変更する見通しとなった。今後、代替日程を調整する。

国際水連は福岡市で来年7月16日から8月1日に開催予定だった計画の「見直しを検討する」と発表。来年8月に米オレゴン州ユージンでの開催を決めていた世界陸連は2022年に延期する方針を示した。世界バドミントン連盟は「通例8月開催で21年はスペインが開催国の世界選手権について、日程変更の必要性を認識している」との声明を出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン