/

日本がタジキスタンに快勝 サッカーW杯予選、南野7戦連発

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選は7日、大阪・パナソニックスタジアム吹田などで行われ、日本がタジキスタンに4-1で快勝した。古橋(神戸)の先制後に2次予選初の失点を喫したが、南野(サウサンプトン)の予選7試合連続ゴールで勝ち越し。後半は橋本(ロストフ)川辺(広島)の代表初得点で突き放した。

前半、先制点を決める古橋(7日、パナソニックスタジアム吹田)

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング28位で、既にF組1位での最終予選進出を決めていた日本は7戦全勝で勝ち点21。FIFAランク121位のタジキスタンは勝ち点10のまま2位。

15日にキルギスとの2次予選最終戦を残す日本は、11日にセルビア代表と国際親善試合を行う。

F組のもう1試合はモンゴルがキルギスに1-0で勝った。〔共同〕

後半、3点目のゴールを決め喜ぶ橋本=中(7日、パナソニックスタジアム吹田)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン