サッカー

バルサ、選手の給与7割削減 メッシら所属

2020/3/31 8:39
保存
共有
印刷
その他

サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは30日、新型コロナウイルスの感染拡大により活動できない期間の給与を7割カットすることでトップチームの選手らと合意したと発表した。アルゼンチン代表のメッシ、フランス代表のグリーズマンらが所属している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのフランス1部リーグ、リヨンのオラス会長が25日、新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズン打ち切りの撤回を求め、フィリップ首相とマラシネアヌ・スポーツ相に手紙を送った。フランス1部は政府方 …続き (9:05)

 緊急事態宣言の全面解除で、サッカーJリーグも公式戦実施へ動きを加速させる。29日に発表予定のリーグ再開日は7月上旬となる見通しで、当面は無観客が想定される。選手会や各クラブとの調整や、感染防止のガイ …続き (25日 20:27)

ネックウオーマーをマスク代わりにして練習を見守るG大阪の宮本監督=奥(25日、大阪府吹田市)=ガンバ大阪提供・共同

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が21日に解除された大阪府と兵庫県に本拠地を置くJ1のG大阪、C大阪、神戸が25日、一斉に練習を再開した。

 いずれも約2カ月ぶりの練習は非公開で、選手を少 …続き (25日 17:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]