/

世界体操、日本男子が銅 東京五輪の出場枠獲得

【ドーハ=共同】体操の2020年東京五輪予選を兼ねた世界選手権第5日は29日、ドーハで男子団体総合決勝が行われ、16年リオデジャネイロ五輪金メダルの日本は合計253.744点で銅メダルに終わり、2連覇はならなかった。

体操世界選手権の男子団体総合決勝で銅メダルの(左から)萱和磨、白井健三、内村航平ら(29日、ドーハ)=共同

中国が256.634点で14年大会以来の世界一。ロシアが256.585点で2位となり、3位までが五輪出場枠を手にした。日本は開催国枠を除き、全競技を通じて初めて自力での五輪切符となった。

予選3位の日本は内村航平(リンガーハット)白井健三(日体大)田中佑典(コナミスポーツ)萱和磨、谷川航(以上順大)のメンバーであん馬からのスタート。前半3種目は内村らが好演技をそろえたが、4種目目の平行棒で田中の落下が響いた。決勝は予選の得点を持ち越さず、8チームで争われた。

30日の女子団体総合決勝で、予選6位の日本は村上茉愛(日体大)寺本明日香(ミキハウス)畠田瞳(セントラル目黒)の3人が全4種目を演技することになった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン