/

レッズ秋山は開幕絶望 左太もも裏痛め離脱、全治2~3週間

【グッドイヤー(米アリゾナ州)=共同】左太もも裏を痛めて戦列を離れている米大リーグ、レッズの秋山翔吾外野手は15日、来月1日の開幕からのプレーが絶望になったことを公表した。アリゾナ州グッドイヤーでオンライン取材に応じ「開幕からいけないのは残念だと思います」と話した。

ベル監督は全治2~3週間とした上で「彼を失うのは(チームにとって)痛いし、彼も落胆している」と述べた。

秋山は今月13日のオープン戦で一回に三ゴロを打って一塁に駆け込んだ際に故障。「ベースを踏む前に(患部から)嫌な音がして、踏んだ後に力が入らなくなった」と説明した。

メジャー2年目のキャンプでは妻の事故で一時、チームを離脱した。オープン戦は4試合の出場で7打数無安打、3四球1盗塁。

プロ野球西武に所属していた2012年にも左太もも裏を痛め、戦列を離れたことがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン