/

佐藤・早川に4球団競合 ドラフト会議、田沢は指名なし

プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、近大の佐藤輝明内野手は阪神、早大の早川隆久投手は楽天が、ともに1位指名で4球団競合の末に、抽選で交渉権を獲得した。佐藤にはオリックス、阪神、ソフトバンク、巨人、早川にはヤクルト、楽天、西武、ロッテの指名が重複した。

阪神から1位指名され、ポーズをとる近畿大の佐藤輝明内野手(26日、、大阪府東大阪市)=共同

中日は地元の愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手、日本ハムも本拠地北海道の苫小牧駒大の伊藤大海投手を単独で1位指名。広島はトヨタ自動車の栗林良吏投手、DeNAは明大の入江大生投手を単独指名した。

外れ1位では法大の鈴木昭汰投手にヤクルトとロッテの指名が重複し、ロッテが交渉権を得た。オリックスは福岡大大濠高の山下舜平大投手、西武は桐蔭横浜大の渡部健人内野手、ソフトバンクは埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手、巨人は亜大の平内龍太投手を指名。抽選で2度敗れたヤクルトは慶大の木沢尚文投手を指名した。

米大リーグで活躍し、今季途中から独立リーグのルートインBCリーグ埼玉でプレーした田沢純一投手は、ドラフトを拒否して海外へ渡った選手との契約を一定期間禁止する通称「田沢ルール」が撤廃されたため指名が可能となったが、育成ドラフトも含め指名がなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン