/

阪神・佐藤輝、初日から魅了 矢野監督「振る力は十二分」

縦じまの8番のユニホームに袖を通し、初日から魅力たっぷりな動きを披露した。阪神期待のドラフト1位新人、佐藤輝(近大)は沖縄・宜野座キャンプで早朝から日が暮れるまでフルに練習をこなした。「疲れました。これがキャンプだと思うので、ついていきたい」と力強い口調だった。

阪神・矢野監督(手前)に見守られ、打撃練習する佐藤輝(1日、宜野座)=共同

打撃練習では逆方向を中心に打ち返しながら、89スイングで9本の柵越え。特大の一発もあったが「まだ全然、完璧ではない」と満足度は低い。それでも、昨秋のドラフト会議で4球団競合の末にくじを引き当てた矢野監督は、改めてスケールの大きさを絶賛。「振る力はプロの中でも十二分に通用する。見ていて楽しい」と表情が緩んだ。

アマチュア時代に慣れ親しんだ内野と並行して、プロでは外野にも挑戦する。早速、近本らと一緒に守備特訓に取り組み、先輩の足の運びなどに視線を送った。「しっかり(技術を)吸収したい。どこで行けと言われても、準備ができているようにしたい」と意欲に満ちた表情だった。

4日には紅白戦が控える。「実戦で結果を残すことが一番のアピール」と、定位置奪取に向けて出だしから全開で挑む。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン