/

ラグビー女子W杯、25年大会から16チーム出場

【ロンドン=共同】ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは30日、女子ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を2025年大会から現行の12から16に増やすと発表した。25年と29年大会の開催地は来年2月から立候補を受け付け、22年5月に決定する。

次回の21年大会は来年9~10月にニュージーランドで開催される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン