/

柔道、丸山・ベイカーら出場 4月の選抜体重別選手権

全日本柔道連盟は1日、全日本選抜体重別選手権(4月3、4日・福岡国際センター)の出場選手を発表し、男子66キロ級で昨年12月に阿部一二三(パーク24)との東京五輪代表決定戦に敗れた丸山城志郎(ミキハウス)らが名を連ねた。男女各7階級の東京五輪代表勢は国際大会出場を優先し、全員が回避した。

男子では90キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)や66キロ級で五輪2大会連続3位に入った73キロ級の海老沼匡(パーク24)、五輪王者の故斉藤仁氏の次男で100キロ超級の斉藤立(国士舘大)もエントリー。

女子は78キロ超級の朝比奈沙羅(ビッグツリー)や52キロ級の志々目愛(了徳寺大職)の元世界女王らが出場。大会は6月開催予定の世界選手権(ブダペスト)代表選考の参考となり、男女各7階級が8選手で争われる。新型コロナウイルス対策により無観客で開催される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン