サッカー

ブラッター氏の処分取り消し申し立て棄却 CAS裁定

2016/12/6 1:11
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は5日、国際サッカー連盟(FIFA)から科された6年の活動停止処分の取り消しを求めた前FIFA会長、ゼップ・ブラッター氏の申し立てを棄却する裁定を下した。AP通信によるとブラッター氏は声明を発表し、裁定を受け入れるのは「難しい」とした上で「ことの成り行きを見れば、この結果以外は予測できなかった」とした。

ブラッター氏は2011年、当時のFIFA副会長ミシェル・プラティニ氏に対して200万スイスフラン(約2億2600万円)を支払った。両者は過去の報酬として不正を否定しているが、FIFA倫理委員会は金銭授受に法的な根拠はないと判断し、昨年12月に8年間の活動停止処分を科した。その後、上訴委員会が6年に短縮。ブラッター氏はこれを不服としてCASに提訴した。

だが、CASはFIFAの処分を「不適切な点はない」として全面的に支持。またプラティニ氏がFIFA理事を退任する際、ブラッター氏が規則に反して多額の金品を贈っていたことも明らかにした。

プラティニ氏もCASに提訴し、期間が4年に縮まったが、処分自体の撤回には至らなかった。

ブラッター氏はこの件とは別に、FIFA会長時代の高額な報酬を巡って汚職の疑いがあるとして倫理委から調査を受けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1最終節は7日午後2時に各地でキックオフし、勝ち点67で首位の横浜Mと同64の2位FC東京が横浜市の日産スタジアムで優勝を懸けて直接対決する。6日は両チームが最終調整した。
 横浜Mは得失点差で7点 …続き (18:36)

取材に応じるJ1神戸のイニエスタ(5日午後、神戸市)=共同

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが5日、神戸市内で報道陣の合同取材に応じ、右足親指を骨折していたことを明かした。9月28日の川崎戦で負傷し、軽度だったという。負傷後もリーグ戦で4試 …続き (5日 14:50)

 【ウディネ(イタリア)=共同】サッカーのイタリア・カップで4日、ボローニャの冨安健洋は敵地で行われたウディネーゼとの4回戦でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。チームは0―4で敗れ、ベスト16入り …続き (5日 10:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]