/

元幕内・豊響が引退 「山科」襲名、強烈ぶちかましで活躍

豊響=共同

日本相撲協会は7日、元幕内で西三段目71枚目の豊響(36)=本名門元隆太、山口県出身、境川部屋=の引退と年寄「山科」襲名を発表した。今後は同部屋付きの親方として後進を指導する。9日にオンラインで記者会見を行う。山科親方(元幕内佐田の富士)は「出来山」に名跡変更した。

山口・響高(現下関北高)相撲部で活躍後、トラック運転手などの仕事を経て2005年初場所で初土俵。07年名古屋場所で新入幕を果たした。強烈なぶちかましからの押しが武器で幕内在位52場所、最高位は東前頭2枚目だった。敢闘賞3回。12年夏場所で横綱白鵬から唯一の金星を獲得した。通算成績は569勝565敗66休。

18年春場所に幕下転落後は関取に復帰できず、今年初場所からは3場所連続で全休していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン