/

白鵬への「注意」措置継続 横審、7月場所で最終判断

(更新)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は29日、東京都内のホテルで定例会合を開き、右膝負傷のため大相撲春場所で5場所連続休場した横綱白鵬について「注意」の措置を継続し、7月の名古屋場所の結果を見て最終判断するとの意見でまとまった。

横綱審議委員会の会合後、記者会見する矢野弘典委員長(左)と日本相撲協会の芝田山広報部長(29日、東京都内)=同協会提供・共同

記者会見した横審の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「厳しい意見も出た」とした上で(1)初場所の休場は新型コロナウイルス感染が理由(2)春場所に2日間出場した(3)名古屋場所に進退を懸けることを明言している―を継続措置の理由に挙げた。

矢野委員長は事前に相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)に対し、横綱本人の意向などの調査を要請。理事長は白鵬の師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)から「しっかりとした覚悟を持って7月に臨むと(横綱が)言っている」と確認し、委員長に伝えた。

昨年11月場所後の前回会合で、休場の多さを理由に、白鵬と鶴竜(春場所中に引退、現親方)に対し、引退勧告に次ぐ重さの注意を決議した。白鵬は初場所前に新型コロナに感染して全休。春場所では初日から2連勝したが、右膝の状態が思わしくなく3日目から休み、手術を受けた。

矢野委員長は鶴竜について「横綱としても一力士としても、それなりの立派な実績を残したと評価したい。本当に努力の人だったのではないかと思う」とねぎらった。

横審の定例会合は2場所ぶりで、委員8人のうち7人が出席。初場所後は緊急事態宣言発令中のため開かれなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン