/

レスリング樋口「ぶっちぎりで勝つ」 五輪予選4月

レスリング男子の2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストで、4月の東京五輪アジア予選(カザフスタン)で2大会連続代表を狙うフリースタイル57キロ級の樋口黎(日体大助手)が22日、横浜市の日体大健志台キャンパスで取材に応じ「集中してずっとできている。ぶっちぎりで勝つように頑張ってやっていきたい」と抱負を語った。

東京五輪アジア予選に向け、調整するレスリングの樋口黎(22日、横浜市の日体大健志台キャンパス)=共同

昨年12月の全日本選手権では減量がうまくいかずに初戦で敗れた。栄養士らの助言を聞くなど細心の注意を払っており「そこは妥協しないようにやっていく。最初から強気にがんがん攻めたい」と意気込んだ。

リオ五輪決勝で敗れた悔しさは忘れていない。「借りを返す場所は東京五輪しかない。絶対に金を取る意識でやっている」。大きな目標に向け、まずはアジア予選2位までの五輪出場枠を獲得して代表入りを目指す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン