/

日大水泳部員がコロナ感染 全部員のPCR検査検討

日本大水泳部で東京都内の寮に入る男子部員1人が新型コロナウイルスに感染したことが3日、関係者への取材で分かった。1日に感染が判明し、水泳部は活動休止となった。感染者と同じ部屋だった寮生ら濃厚接触者は数人おり、隔離しているという。日大は全部員のPCR検査の実施も検討している。

白血病から復帰を目指す池江璃花子(ルネサンス)も日大水泳部に所属しているが、普段は男子部員とは一緒に練習していない。

日大水泳部は故古橋広之進・元日本水連会長らを輩出し、昨年は日本学生選手権の競泳学校対抗で男子優勝を果たした強豪。現在は、競泳日本代表でヘッドコーチなどを務めた上野広治氏が監督を務めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン