/

競泳、大橋と萩野が200個人メドレーで1位 国際リーグ

短水路(25メートルプール)で争う競泳のチーム対抗戦、国際リーグ(ISL)は9日、ブダペストで1次リーグ第9戦第1日が行われ、東京フロッグキングスは200メートル個人メドレーの女子を大橋悠依(イトマン東進)が自身が持つ短水路日本記録まで0秒06に迫る2分5秒10で、男子を萩野公介(ブリヂストン)が1分52秒84で制した。

青木玲緒樹(ミズノ)は女子50メートル平泳ぎで29秒57の短水路日本新記録をマークして3位。50メートル背泳ぎの女子は酒井夏海(東洋大)が26秒24、男子は川本武史(トヨタ自動車)が23秒10でトップだった。東京フロッグキングスは第1日を終えて4チーム中2位。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン