/

J1、G大阪で新たに2人陽性 10日の試合は協議中

サッカーJ1のG大阪は8日、トップチームの選手、スタッフを対象にクラブが同日実施した、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で新たに選手1人、スタッフ1人が陽性判定を受けたと発表した。ともに症状はなく、隔離、療養している。10日に本拠地の大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で予定されている大分戦の開催の可否は関係機関と協議を続けるとした。

クラブはJリーグ、管轄の保健所などと連携し、濃厚接触者の特定・隔離、また感染予防策のさらなる徹底を図る。濃厚接触者が特定されるまで、トップチーム全体での活動は休止する。

G大阪は4日までのPCR検査でトップチームの6人(選手5人、スタッフ1人)が陽性判定を受け、3日の名古屋戦と6日の鹿島戦が中止となった。5日のJリーグ公式PCR検査では6人を除く全員の陰性が確認され、保健所から濃厚接触者なしとの検証結果も得て、7日から全体練習を再開したばかりだった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン