/

Jリーグ、浦和に罰金300万円 大分戦でサポーターが問題行動

Jリーグは22日、J1浦和にけん責と罰金300万円の処分を科した。サポーターによる新型コロナウイルス対応ガイドライン違反行為に対し、適切な措置を講じられなかったため。

昨年10月31日に昭和電工ドーム大分で行われた大分戦で、40人程度のサポーターが指定席を離れて発声や指笛を伴う応援をした。さらにフェンスに上る行為などで、円滑な試合運営を妨げた。主催側の大分にも、けん責の処分が科された。

浦和サポーターはホーム戦でもガイドライン違反が散見される。浦和は立花洋一社長が役員報酬の10%を3カ月自主返納するなど内部処分を発表。今後は問題行動があったサポーターの退場など厳しい措置を検討する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン