/

シャラポワがリオ五輪欠場 CAS裁定9月に延期で

【ロンドン=共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は11日、国際テニス連盟(ITF)からドーピング違反で科された2年間の資格停止処分を不服として提訴した女子の元世界ランキング1位マリア・シャラポワ(ロシア)への裁定を9月に延期することを発表した。これで同選手のリオデジャネイロ五輪出場がなくなった。

当初、裁定は今月18日に下される見通しだったが、シャラポワとITF双方が裁定に向けた証拠の提出などに時間を要するとし、延期に合意した。ロシア・テニス連盟のタルピシェフ会長はシャラポワの訴えが認められた場合にはリオデジャネイロ五輪代表に戻す意向を示していた。

四大大会通算5勝で29歳のシャラポワは、2012年ロンドン五輪でロシア選手団の旗手を務め、シングルスで銀メダルを獲得した。ことし1月の全豪オープンで禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示して処分を受けた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン