/

柔道の五輪代表、永山・朝比奈ら補欠に

全日本柔道連盟は2日、来年の東京五輪代表が既に決定した男女13階級の補欠選手を発表し、男子60キロ級代表の高藤直寿(パーク24)と最後まで競り合った永山竜樹(了徳寺大職)、女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅らが選ばれた。

他の階級は次の通り。

▽男子 影浦心(100キロ超級・日本中央競馬会)飯田健太郎(100キロ級・国士舘大)長沢憲大(90キロ級・パーク24)藤原崇太郎(81キロ級・日体大)橋本壮市(73キロ級・パーク24)

▽女子 梅木真美(78キロ級・ALSOK)大野陽子(70キロ級・コマツ)鍋倉那美(63キロ級)玉置桃(57キロ級・三井住友海上)志々目愛(52キロ級・了徳寺大職)角田夏実(48キロ級・了徳寺大職)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン