/

サッカー森保監督「現在の力を知る」 メキシコ戦へ調整

【グラーツ(オーストリア)=共同】サッカーの日本代表は17日午後9時(日本時間18日午前5時)から、オーストリアのグラーツで行われる国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。16日はグラーツ近郊で最終調整した。長友(マルセイユ)は左太ももの違和感のため、大事を取って練習を休んだ。

森保監督はオンラインで記者会見し「ワールドカップ(W杯)常連国、世界の強豪メキシコと試合ができる。われわれの現在の力、立ち位置を知るための最高の相手」とこの試合を位置付けた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が27位、メキシコは11位の強豪。2013年のコンフェデレーションズカップで1-2と敗れて以来の顔合わせで、対戦成績は日本の1勝3敗。

新型コロナウイルスの感染拡大で延期されたW杯アジア2次予選は来年3月に再開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン