2018年2月23日(金)

その他スポーツ

ロシア検査機関の処分継続か 独報道、平昌に影響も

2017/11/14 0:05
保存
共有
印刷
その他

 【モスクワ=共同】ドイツ公共放送ARDは12日、世界反ドーピング機関(WADA)が15、16日に開く理事会で、規定を順守していないとして資格停止としているロシア反ドーピング機関(RUSADA)の処分を解除しない方針と報じた。資格回復の見送りは、来年の平昌冬季五輪・パラリンピックでのロシア選手団の出場停止につながる可能性がある。

 ARDは資格回復が認められない理由として、ロシアの国ぐるみのドーピングを認定したWADA調査チームの報告書の内容を、同国が認めていないことなどを挙げた。ロシアのムトコ副首相は13日「ARD記者がWADAの広報官のように発表している。何の裏付けもない情報だ」と述べ、反発した。

 一方で8日に国家ぐるみのドーピングはなかったとの捜査結果を発表したロシア連邦捜査委員会は13日、モスクワにあるドーピング検査所のデータベース調査で協力する用意があるとWADAに伝えたと発表した。

 国際パラリンピック委員会(IPC)はRUSADAの資格回復が、ロシア選手の平昌大会出場可否の判断材料としている。五輪についても、ソチ大会で採取した同国選手の検体を再検査中の国際オリンピック委員会(IOC)が12月の理事会で最終判断する見込み。

 ARDはロシアの組織的なドーピングを暴いてきたことで知られる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子スキークロス1回戦で敗退が決まり、涙を流す梅原玲奈(23日、平昌)=共同

 平昌冬季五輪のフリースタイルスキー女子スキークロスで、初出場の34歳、梅原玲奈(DSJPク)は1回戦3組で3位に終わり、敗退した。前回ソチ冬季五輪銀メダルのケルシー・セルワが優勝し、3大会連続でカナ …続き (11:54)

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は22日、ロンドンで1次リーグ第2戦が行われ、日本は男女とも開幕2連勝で準々決勝進出を決めた。女子はエジプトと対戦し、ダブルスで伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生 …続き (9:28)

 卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は22日、ロンドンで開幕し、日本勢は1次リーグA組の女子が米国に3―0で快勝した。ダブルスの早田ひな(日本生命)伊藤美誠(スターツ)組とシングルスで石川佳純(全農) …続き (1:04)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]