/

バスケWリーグ、14日からプレーオフ準決勝 岡本「後悔なく」

バスケットボール女子のWリーグで14日からのプレーオフ準決勝に臨む4チームの選手が8日、オンラインで記者会見し、史上最多の12連覇を狙う東地区1位のENEOSの岡本は「後悔しない試合をしたい。一つ一つのルーズボールとか、細かいところを全員でやっていく」と力を込めた。

バスケットボール女子のWリーグプレーオフ準決勝を前に、記者会見するENEOSの岡本(8日)=共同

準決勝から登場のENEOSは身長193センチの渡嘉敷らをけがで欠く。ガードの宮崎は「リバウンドが弱くなる分、スピードを生かしたい」と意気込んだ。対戦するデンソーの高田は「守備とリバウンドで体を張っていきたい」と語った。

西地区1位のトヨタ自動車も準決勝から登場する。馬瓜エは「歴史を変えるプレーオフにしたい」と頂点を見据えた。対する富士通のガード町田は「積極的にアタックして走るバスケをしたい」と気合十分だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン