高校野球

高校野球、東京も独自大会開催 東西で7月18日開幕

2020/6/1 21:22
保存
共有
印刷
その他

東京都高野連は1日、理事会を開き、今夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会の中止を受け、独自の大会「2020年夏季東西東京都高等学校野球大会」を開催することを決めた。7月18日開幕で東西の2大会に分け、トーナメント方式で争う公式戦。無観客で実施し、決勝は8月中旬の見込み。緊急事態宣言が再び発令された場合は中止する。

当初予定より1週間遅らせて7月11日開幕の計画だったが、東京都教育委員会のガイドラインに従い6月も学校の活動に制限が続くことを考慮。準備期間を十分に設けるため、さらに1週間遅らせる措置を取った。武井克時理事長は「3年生が一度も大会に参加する機会がないのは忍びない。甲子園にはつながらないがチームとして頑張ってきた成果を発揮する場をつくってあげたいという皆の思い」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行う「2020年甲子園高校野球交流 …続き (6日 16:49)

 日本高野連は1日、大阪市で業務運営委員会を開き、「2020年甲子園高校野球交流試合」の開会式を、8月10日の大会第1日の第1試合に出場する2校で行うことを決めた。
 大会は8月10~12日、15~17 …続き (1日 19:28)

岩手県の北奥地区の代替大会で専大北上と対戦し盛り上がる水沢商ベンチとスタンド(1日午前、しんきん森山スタジアム)=共同

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が全て中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会が1日、全国の先頭を切って岩手 …続き (1日 12:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]