/

フェンシング日本代表、帰国前検査で3選手陽性

日本フェンシング協会は15日、ブダペストでの男女サーブルのワールドカップ(W杯)を終えた日本代表選手3人が、帰国を前にした現地での新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。新型コロナ禍で、約1年ぶりに国際大会が再開されたばかりだった。日本協会は選手の性別や氏名を明らかにしていない。

陽性者のうち1人は軽い発熱、1人は頭痛や倦怠(けんたい)感の症状を訴え、もう1人は無症状という。ブダペストの別の宿泊施設で隔離されて経過観察し、陰性か症状の回復を待って帰国の手続きをする。2週間程度は現地に滞在する見込み。大会は選手や大会関係者と外部の接触を遮断する「バブル」方式の環境だったとされ、感染経路は不明。

陰性だった他のスタッフや選手計21人は帰国の途に就いた。

サーブルのW杯は東京五輪出場を争うランキングに反映される最後の大会で、日本勢は個人で男子の吉田健人(警視庁)、女子の江村美咲(中大)が代表に決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン