/

初優勝の素根輝が帰国「先に攻められた」 柔道マスターズ

柔道のマスターズ大会(広州=中国)に出場した日本代表が17日、羽田空港に帰国し、女子78キロ超級で初優勝した全日本女王の18歳、素根輝(福岡・南筑高)は「先に先に攻めることを頭に入れ、しっかり(技を)出せた」と笑顔で語った。

世界ランキング上位者による大会で準決勝までの3試合を一本勝ち。決勝は11月のグランドスラム大阪大会で敗れた2012年ロンドン五輪女王のイダリス・オルティス(キューバ)を指導3による反則勝ちで破り「どんな形でも勝とうと思った」と胸を張った。

男子で66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)は4試合を全て一本勝ちし、初制覇した。世界選手権2連覇の阿部一二三(日体大)を追い上げ「結果も内容も自信になった」と充実の表情。81キロ級で初優勝の佐々木健志(筑波大)は初戦で世界王者のサイード・モラエイ(イラン)を破り「自分の力を発揮できれば、勝てると思っていた」と手応えを深めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン