/

田嶋会長、AFCに抗議へ ACL神戸戦のVAR介入で

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は14日、オンラインで取材に応じ、J1神戸が蔚山(韓国)に1-2で敗れたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で、1-0の後半に佐々木の得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によって取り消されたことについて、アジア・サッカー連盟(AFC)に抗議文を出すことを明らかにした。

当該の場面では、攻撃の起点となった安井のボール奪取がファウルとなった。田嶋会長は「サッカーではどこでも起こり得るコンタクト。審判(主審)もいいところで見ていた。覆す必要があったのか。(神戸と)一緒になって戦っていきたい」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン