スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

相撲協会、5人に抗体 PCR検査は陰性

2020/7/6 20:41
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査で、力士や親方ら協会員約900人のうち5人に抗体が見つかったと発表した。報道陣の電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は現時点でウイルスの陽性者がいないとの見解を示した。

大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の無観客実施を目指す協会は13日の臨時理事会で開催について正式決定する。

検査は全45部屋の希望者が対象だった。ウイルス感染で5月に亡くなった三段目力士、勝武士さん(本名末武清孝)が所属した高田川部屋を除く、44部屋分のデータを公表。891人のうち5人が抗体を持っていた。うち4人は後のPCR検査で陰性と判明。残る1人も5月以前に感染していたとみられ、現在は治癒しているという。検査中に発熱があった協会員もPCR検査を受け、全員が陰性だった。

八角理事長(元横綱北勝海)は「稽古に専念できる環境が整った。場所後にも抗体検査を実施し、協会員の健康管理、感染防止を徹底する」とコメント。芝田山部長は「陽性者がいない状況を保持して場所に臨む。引き続き、外出自粛や手洗い、うがいを励行し、国技館の衛生対策もしていく」と話した。

高田川部屋では勝武士さんの他に高田川親方(元関脇安芸乃島)や十両白鷹山関らの感染も確認されたが、現在は回復している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、力士全員に実施予定の新型コロナウイルス感染歴などを調べる抗体検査を17日から開始すると明らかにした。同検査は大相撲7月場所開催への活用のために5 …続き (10日 18:58)

秋場所に向けた稽古を再開した照ノ富士(10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋)=共同

 大相撲7月場所で5年ぶりの復活優勝を遂げた元大関の幕内照ノ富士が10日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けた稽古を再開した。書面での取材に応じ「とにかく今、できる …続き (10日 18:22)

 日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道、本名安本栄来、東京都出身、二所ノ関部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトのために受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイ …続き (7日 20:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]